未来の子供のためにも個々で認知症の予防を!

今の認知症問題を変えるには、確実な予防の知識と、意識、
ネットワークビジネスのクオリティ高い製品の組み合わせを提案!


いま認知症は、予備群も含めると高齢者の4人に1人と言われています。

  • 認知症による行方不明。
  • 認知症による交通事故。
  • 認知症の介護による悲痛、被害。

毎日、認知症による悲しいニュースが報道されています。

平成37(2025)年には65歳以上の認知症患者数が約700万人に増加すると
厚生労働省より発表されています。

認知症予測グラフ

なんとしてもこの状況を回避したいですよね。

一人一人が、きちんとした知識を持って、予防していけば
改善していけると思います。

今回は、40代から始めたい認知症予防の生活習慣をお伝えしていきたいと思います。


認知症予防は脳のゴミ【アミロイドβ 】排出が重要?

アミロイドβは、脳が活動したときに生まれる老廃物と呼ばれるものです。

その蓄積が、アルツハイマー病発症の引き金となるようです。

アミロイドβの排出法も含めて、認知症予防法を紹介していきたいと思います。


脳のゴミ排出と脳神経細胞の活性化で認知症を予防

【認知症予防①睡眠】

実は、睡眠時間は脳にとって大事な「クリーニングタイム」になるのです。
脳のゴミ排出になりますので、適切な睡眠時間を確保し、規則正しい生活を
心がけましょう。

【認知症予防②有酸素運動】

有酸素運動をすることで、神経細胞を活性化しますし、
脳のゴミを排出する効果もみられます。
また、運動後だとよく眠れるので上記の快眠にもつながりますね。

【認知症予防③コミュニケーション】

色んな人との会話は、脳を活性化させると言われています。
お年寄りの方は、お孫さんと積極的にお話しすると、特に効果的なようです。

【認知症予防④知的活動】

頭を使いながら指先を動かすことを知的活動といいます。
これも神経細胞を活性化するのによいとされています。
例えば、囲碁や将棋、トランプ、裁縫などが良いようです。


認知症予防に効果的な食事法とは

  • マグロ、アジ、サバなどの青魚
    認知症に効果的なオメガ3脂肪酸が多く含まれています。
  • 大豆
    大豆などに含まれるレシチン(ホスファチジルコリン)は脳に多く存在して
    脳神経細胞の細胞膜を構成しています。
  • 野菜や果物、ナッツ類、赤ワイン
    野菜や果物、赤ワインにはビタミンCやポリフェノールが、
    ナッツ類にはビタミンEが多く含まれています。
    これらのビタミンは強力な抗酸化物質で、細胞の修復のために働きます。

認知症予防には早食いと食べ過ぎにも要注意

脳が満腹感を感じるまでに、15分から20分の時間がかかるため、
ゆっくり沢山嚙むことで、食べ過ぎを防ぐことができます。


認知症予防にはクオリティの高いネットワークビジネス製品と♡

スーパーフード

運動や食事など、日常の心がけで認知症を予防する方法と併せて、

確実&手軽に脳の機能を修復をアップさせるには、

プラス、スーパーフードがお勧めです。

ネットワークビジネスの製品は、広告宣伝費や店舗、人件費などが
不要なため、その分製品研究開発に費用がまわります。

しかも海外で、医療でも使われるほどのクオリティの高い製品が、
ネットワークビジネスでお手頃な価格で利用できるもの多いです。

良質な睡眠、運動、食事、スーパーフードを心がけて
みんなで認知症予防に取り組めたら、とっても理想的ですよね☆

認知症に効果的なスーパーフード、わたしがお調べした製品はこちら

ニューベラス情報抗酸化物質が贅沢すぎる!ニューベラスプラス
ニューベラス情報脳、目、体に高栄養を!脳の悩みも解消!ニューベラスオメガ

認知症予防、健康的生活、更に権利収入を得る方法とは

幸せ

無料パンフレット


a:252 t:2 y:1