在宅介護【介護初任者研修】の資格に救われた現実

現在、在宅介護真っ最中でお悩みの方・・・。
今後の家族やご自身の介護に・・・。
今後ますます需要が高まってくる介護の仕事に・・・。

介護1

今後ますます必要とされる資格【介護初任者研修】学習内容10項目



1、職務の理解
2、介護における尊厳の保持・自立支援
3、介護の基本
4、介護・福祉サービスの理解と医療との連携
5、介護におけるコミュニケーション技術
6、老化の理解
7、認知症の理解
8、障害の理解
9、こころとからだのしくみと生活支援技術
10これまでの振り返り

介護初任者研修】取得方法は?


通学制(130時間すべて通学)

すべての科目を実際に学校などに通って履修

通信制(40.5時間)+通学制(89.5時間)

自宅でできる範囲の科目をレポート提出によって履修

※規定上、総受講時間130時間のうち、自宅学習(通信)で
学習できる時間は40.5時間と定められています。

その他

求職者やシングルマザーなどのひとり親向けに、市が限定で無料講座を提供していたり、

もしくは、老人ホームなどの施設によっては、働きながら資格を取得できる
システムもあるようです。

講座

介護初任者研修】資格取得者の声


我流で義両親をみまもり介護していましたが、もっと早くこの講座を受けていれば、
両親にとっても私にとっても、楽な介護が出来たのではないかと思います。

最初は、資格を取得したくて通学していましたが、電車に乗っても歩道を歩いていても、
日々の生活の中で介護の勉強が役に立っています。

家族の視点で受講していた私ですが、介護者として考え、感じるようになっています。


介護に関する事について、これまで全く無知でしたが、
受講した事で、基礎的な知識を得ることが出来ました。

はじめは、ただ漠然とした考えで、介護の仕事を希望していたけれど、
授業を受けたり、実習に行かせて頂いた中で、いろいろ学ぶことができただけではなく、

介護について、また介護職について少し具体的に考えることが出来るようになったと思うので
良かったと感じています。


人と関わるのが好き、仕事の選択肢を広げたい、やりがいのある仕事がしたい。

そんな理由で受講を決めた私ですが、数十年ぶりの座学、
初めての実技は想像してた以上に大変でした。

知識も経験もなく専業主婦歴の長い私には無理だったのではないか…

ほかの受講生の方は上手に実技が出来るのに私は出来ない…
情けない思いをしたこともありました。

講師の方に不安な気持ちを話した時に「人が好きだったら大丈夫よ」と言ってくださり、
すごく励まされました。講師の方々の体験談は良い勉強になりました。


会社の倒産、リストラ・・・。今後の仕事に困ったとき。

家族、ご自身・・・いつまでも健康である保証にはどこにもありません。
いつ何が起きるかわからない時代です。

在宅介護、これからの仕事・・・
高齢化社会の今、介護とは、いつ身近になってもおかしくないと思います。

わたしも近々、介護初任者研修の資格、取得する予定なので、
実際の講習中の内容や体感、可能な限りまたお伝えしていきたいと思います。


>>将来に備えて、健康と自由な時間、お金、これから準備しておきませんか?

未来ある老後

世界へ広がるインターネット!抑えておきたい情報とは?

オンラインネットワークビジネス

説明

パンフレット1


a:244 t:1 y:0