国の手当だけでは不安!ネットワークビジネスはシングルマザーの強い味方☆

決心

シングルマザーへの道を考えたとき、決めたとき、
やっぱり心配なのは、自分一人で子供を育てていけるかな。という「経済的不安」。

3組に1組が離婚するという今の時代には、
シングルマザーを支えるさまざまな手当や制度があります。

しっかり調べて利用していけば、一人でだってきちんと子供や家庭を
守っていけます!!!

シングルマザーに限らず、知っておいて損はないさまざまな手当


児童扶養手当(母子手当)

両親が離婚、または死別により、ひとり親家庭への経済的援助。
子供が0歳~18歳に到達して最初の3月31日まで支給されます。

全部支給 42,330円(一部支給は42,320~9,990円)

子供2人目の加算額 10,000円(一部支給は9,990~5,000円)

子供3人目以降加算額(1人につき) 6,000円(5,990~3,000円)

児童手当

シングルマザーに限ってではなく、子どものいる全家庭が対象。

  • 0歳~3歳未満 1人につき 月15,000円
  • 3歳~小学校修了前 月10,000円(第3子以降15,000円)
  • 中学生 月10,000円(一律)

障害児福祉手当

精神的、または身体に重度の障害を持つ20歳未満の児童に支給される手当。
月14,580円(一定の所得を超えると受給できなくなります)

特別児童扶養手当

精神的、または身体に重度の障害を持つ20歳未満の子どもを
監護、養育している父母等に支給されます。

【支給月額】
1級 月51,500円
2級 月34,300円

遺族年金

夫と死別したシングルマザーのための手当。
加入していた保険や家族構成により金額が決まります。

保育料の免除、減額

認可保育園の保育料は、シングルマザーに限らず、所得が低い世帯で適応されます。
逆に、シングルマザーであっても、収入が多ければ保育料は高くなります。

こんなのあったの?お住まいの地域の手当を今すぐチェック!



他にも自治体によって異なりますが、下記のような
減免、割引制度があります。

【所得税、住民税、国民年金、国民健康保険の減免、免除】
一定額を下回る収入。自治体によってその他条件有。

【家族等の医療費補助制度】
シングルマザーなどのひとり親にかかる医療費を一部助成してくれる制度。
子どもが18歳になった最後の3月31日まで適応されます。

【住宅手当】
ひとり親世帯で月額10,000円以上家賃を支払っている世帯。
条件や金額は、自治体によって異なります。

【乗り物の割引制度】
バスやタクシーの無料、割引チケット、電車の通勤定期券の割引。

ご紹介したすべての手当は、自動的に支給が開始されたり、
自治体から案内があるわけではないので、自ら調べて申請や手続きが必要になります。
詳しくはお住まいの地域の市役所、区役所へご相談してくださいね。


ネットワークビジネスで更なる保証!将来安心◎自分年金を!


将来安心

さまざまな制度や手当を紹介しましたが、これだけではやっぱり不安!

シングルマザーの安心安定した生活。将来が保証されるような・・・

何か良い方法ないの?

とわたしがずっと探し続けてようやく辿り着いたのが、
ネットワークビジネスでした。

子どもが18歳になるまで・・・とかではなく、永続的に生涯の自分年金のように
毎月確実に収入を生み出していく事ができるビジネス。

インターネット展開のネットワークビジネスです。

完全在宅、隙間時間でできるので、忙しいシングルマザーも
副業としてすぐに取り組めます。

完全在宅のネットワークビジネスであれば、

子どもの学校の行事やイベント、仕事に躊躇なく参加できます。
子どもが体調が悪いとき、お友達とけんかしたときなど、
ずっとそばに居てあげられます。

子どものためにも自分のためにも、将来のためにも、
今できることはすべてやっておきたい・・・。

そんなシングルマザーのあなたに、まずは知ってほしい。

進化するネットワークビジネスで、シングルマザーも将来安心

将来の準備_1

画像の説明

ドットドット

世界へ広がるインターネット!抑えておきたい情報とは?

画像の説明

説明

葉っぱ

パンフレット2

葉っぱ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
未来のめーいっぱいの笑顔のために・・・。

a:120 t:1 y:0