イデコとネットワークビジネスで自分年金!将来安心◎

イデコで節税、将来のための自分年金&
ネットワークビジネスで権利収入というW保証◎



超高齢社会、認知症、介護問題・・・。
今の時代、保険、年金、将来のことを考えると、頭をかかえてしまいます。

将来の不安、少しでも回避できるように。
自分で育てる年金。イデコについてまとめてみました。

イデコとは、【個人型確定拠出年金】の英語表記である
individual-type Defined Contribution pension planからとった愛称です。

2017年1月から、公務員や専業主婦、企業年金に加入している会社員も含め、
基本的に60歳未満のすべての方が加入できるようになりました。


イデコのメリットは節税「3つの税制優遇」

イデコのメリットは、いたってシンプル!
①払う②運用する③受け取るの3つのステップで、税制上の優遇措置が
受けられます。(節税になるようです)

イデコの節税①掛金を払う際「掛金が全額所得控除」となる



年間の所得控除イメージ

個人型確定拠出年金では、掛金が全額所得控除の対象となります。
課税所得から、年間の掛金を差し引いた金額に課税されます。

イデコの節税②積立金を運用する際「運用益は非課税」となる

一般の金融商品の場合にかかる課税部分が、イデコなら非課税になりますので、
この課税部分もあわせて運用益はすべて年金資産となります。

イデコの節税③給付金を受取る際「税制優遇措置」が受けられる

年金として受け取る場合は、「公的年金等控除」
一時金として受け取る場合、「退職所得控除」
が適用されます。

将来に備えながら、節税できるのはお得ですね!

【注意点】
イデコは、原則60歳まで引き出すことはできません。
イデコでは、加入者の方に必ずご負担いただく手数料があります。
(運営管理手数料や、国民年金基金連合会などに支払う手数料など)


イデコの掛け金は自由に決められる?

イデコの掛金は、所属する事業所の企業年金制度の有無などにより、
上限が異なってきますが、その範囲内で自由に決めることができます。
掛金額は5,000円以上、1,000円単位での設定が可能です。

【それぞれの限度額】

●会社員(企業の従業員の方)
確定給付型年金有   年間144,000円(月額12,000円)
企業型確定拠出年金有 年間240,000円(月額20,000円)
上記いずれもなしの方 年間276,000円(月額23,000円)

●公務員や私立学校の教職員の方(共済組合に加入している場合)
年間144,000円(月額12,000円)

●専業主婦(夫)の方
年間276,000円(月額23,000円)

●自営業の方
年間816,000円(月額68,000円)

掛金はライフステージに応じて見直しを行い、
加入期間中に変更することができます。


イデコ給付金の受け取り方もさまざま

積み立てた年金資産は、受給要件を満たすと60歳から「老齢給付金」として
受け取ることができます。

年金として分割で受取る、または一時金として一括で受取る、
もしくは年金と一時金を組み合わせて受取るなどの受取方法や、
受取開始時期をご自身で決めることができます。

未来ある老後

70歳になるまでの間であれば、老後の生活設計に合わせて希望する時期から
受取りを開始することもできます。

老齢給付金以外にも、下記受取方法があります。

○障害給付金
70歳に達する前日までに一定以上の障害の状態になった場合。

○死亡一時金
加入者等が死亡したときは、その遺族に死亡一時金が支給されます。
死亡一時金を受取ることのできる遺族は、配偶者を筆頭に順位が定められていますが、
加入者等本人が亡くなる前に、対象者のなかから受取人を指定しておくこともできます。

イデコも良いけど、ネットワークビジネスはもっといい!

権利収入が得られる、インターネット展開のネットワークビジネスは、
最初に仕組みさえきっちりつくってしまえば、
あとは永久的に毎月収入が入ってくるという自分年金です。

60歳まで待たなくていいんです。

イデコで節税しながら、自分年金。
この1~2年をネットワークビジネスに時間をかけて、権利収入を得られるようになれば、
あなたの数年後はもちろんのこと、

更に10年後、20年後は、今よりも、もっともっと自由豊かで満足のいく
ライフスタイルを送っていることでしょう。

>>ネットワークビジネスで近い将来も遠い将来もずっと安心!

将来の準備_1

世界へ広がるインターネット!抑えておきたい情報とは?

オンラインネットワークビジネス

説明

無料パンフレット

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

a:286 t:1 y:0